教室の実績

保護者の声

2017年7月24日

七田をやってよかったこと

七田をやってよかったこと

 藤森 佳月 母

 

 きっかけは姉でした。

障害を持って埋まれてきた姉の成長のきっかけになればと通い始め、続いて妹も入室して通うようになりました。先生方のおかげで毎週楽しく通い、驚くほどの集中力や記憶力を見せてくれることもありました。

そして遅いスタートと思いつつも始めた英語コースで更に大きな成長をみせてくれ、子どもの無限の可能性を感じさせられました。

 また、心優しく、、思いやりのある人間に育ってくれた彼女をみていると、七田の先生方に出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

 

2017年7月14日

七田をやってよかったこと

「七田をやってよかったこと」

 腰塚 彩月 母

 

 「自己肯定感」「素直な心」、他にもたくさん人生において大切なことを身につけることができました。いつも真っ直ぐ前を向いて前に進み続けられる力は、これからの未来へ進む彼女にとって、本当に大きな力になることと思います。

 こうなれたのも、二才から七田に通い、子育てに悩んだり、迷ったりした時、いつも暖かく私の話に耳を傾け、的確なアドバイスをして下さった、先生方のおかげだと思っています。家族以上に、私や娘を支えていただき本当に感謝しております。

 「七田をやっていてよかったこと」は私にとっての自慢の娘に成長したことだと思います。「七田は人生のパートナー」と言った娘の一言を聞いて、これから生きていく為の大切な事を、たくさん学ばせてもらったんだなぁと実感しました。ありがとうございました。

2017年7月10日

七田は日々のエッセンス

日々のエッセンス

 山尾 小夜加

 

 「すらすら書ける自分がいいな。」毎週母親教室に通う帰り道、心のなかでつぶやくことがありました。

 七田では、唯暁だけではなく私も本当にお世話になりました。忙しさに流されてしまいがちな我が子のキラキラした言葉や行動。きちんと胸に刻み、発表させていただく母親学級は本当に貴重な時間でした。他のご家庭や講師の先生の日々のエッセンスをお聞きするのも、とても幸せでした。自分のことのように心から嬉しくなったり、立ちどまって考えさせられたり。

 子どもの小さな成長や発見を日々に埋もれさせず、認めて伝えることは母子にとってなにごとにも代えられない宝だと思っています。私が気づき、胸に留めていられているのは、七田に出会えたからだと感謝しています。

 弟が産まれた時、授乳ばかり繰り返す私に唯暁は全身で不満をぶつけてきました。

「赤ちゃんは、おっぱい飲まないと死んじゃうからごめんね。」と言い終わらない私に「唯暁だって寂しくて死んじゃうもん!!」と大粒の涙をポロポロこぼした、あれから九年が過ぎました。

 周りに気を配り、言葉を選び、相手を想う気持ちを持つ娘に心の逞しさを感じます。それでも今まで育ててきた私には、あの大粒の涙が昨日のことのようにも感じられたりもします。まだまだ発展途上の母子ですが、いつも七田で磨けた時間に深い思いでいっぱいです。そして七田を始める勇気や続ける支援をしてくださった中山さんに心から感謝を伝えたいです。自信がなくなったり、変わらない自分自身との対峠がつらい時、いつも共感くださったり大丈夫と背中を押してくださったり、母子共に唯一無二の存在です。

 つたない親子が学べた葛西教室。学習の背景にある七田の根底愛。これからも私たちの心に流れ続けて欲しいと思っています。

 

 

 

 

2017年7月8日

七田をやっていてよかったこと

「七田をやっていてよかったこと」

 千葉駅前教室 瀧 遥香 母

 

 七田に通いはじめたのは小学校5年生の2学期から。新しく七田をはじめるには遅い年令でした。それまでは勉強に対して苦手意識があり、学力が下がりはじめていました。学習塾も考えたのですが、自分から興味を持って取りくんで欲しく、それには七田の学習法があうのではとこちらにお世話になりました。通いだすうちに七田のテキストに高速学習でスピード感をもって取りくみ、勉強っておもしろいと思える土台ができたと感じます。また少人数で先生と話す機会も多く、自分の考えを相手に伝える練習になったと思います。

 おかげ様で卒業を迎えます。中学生活でも七田の心とスピード感を持って生活して欲しいと思っています。

2017年7月6日

七田をやっていてよかったこと

「七田をやっていてよかったこと。」

 渡井 幸代

 

 「真歩さんは、本当に右脳っこですね。」

どの教室の先生方にも、よく言っていただいた言葉です。七田に通い続けて十一年間、娘は一度もやめたいと言ったことはありません。親子で楽しく通わせていただきました。

 娘にとってよかったのはもちろんですが、七田は、親の私にも、なくてはならない存在でした。どんなに助けられたことでしょう。私にとって、七田に助けられたことは3つあります。まず一点目は、「認めて褒めて愛して育てる」という教育方針です。これを知らなかったら、私は必要以上に子供を追い詰め、怒り続けていたかもしれません。もちろん、それでも怒りすぎてしまうことはあるのですが、その度に、子供に謝罪し、軌道修正することができました。二点目は、子育てに悩んだ時に、先生方に相談ができたことです。娘は、幼児の頃から他の子と同じことをするのが嫌いで、発想も独創的、我が子ながらこの子は面白いとほほえましくおもったものです。しかし、幼稚園に入った頃から、その性格が私を悩ませることになりました。他の子と違う点で先生に理解されなかったり、誤解されてしまい、たくさん悩みました。そんな時は、母親講座で、他のお母さん方の悩みも聞くことができ、大変なのは自分だけじゃないと勇気づけられたこともしばしばありました。さらに、寺下先生に教えていただき、エニアグラムです。自分自身、子供のタイプを知ることで、違うタイプだから、分かり合えないことがあると、子育ての悩みが少し解消されました。三点目は、子供達だけでなく、母親の頑張りも、先生方は褒めて下さいました。自分を褒めるノートを作成し、前向きになれたものです。

 六年間の間は、途中受験の為お休みしていました。受験後、思うような結果で終えられなかった彼女にとって、引きこもって、七田教室に報告に行くのも嫌がっていた時期があります。そして落ち着いてから七田に報告に行き、先生方に再会した時の娘の顔は忘れられません。先生方んい会って抱きしめてもらったことで娘の表情がほころんだのです。やっぱり、最後まで七田を辞めなくてよかったと心から思う瞬間でした。

 いつも娘を見守って下さった先生方、今まで本当に有難うございました。

 

1 2 3 11 »
TOPへ戻る

Copyright © 2017 七田式幼児教育 寺下グループ. All rights reserved.