ブログ

七田っ子の活躍

2021.01.15

「ママ、カルカロドントサウルス作って~」

年少前クラスの男の子達は、今、恐竜にはまっています。

恐竜のトレーナーや帽子を被りお教室に来る子が多いです。

暗唱もそのトレナーに描いてある恐竜をお母さまが指すと

「〇〇恐竜!」っと大きな声で名前を教えてくれます。

愛読書も恐竜図鑑。

2歳のN君は先日お母さんと一緒に粘土で遊んでいたときに

「ママ、カルカロドントサウルス作って~。カルカロドントサウルス~」っと言ってN君にせがまれたそうです。

お母さんはカルカロドントサウルス?

そんな恐竜聞いた事がなかったらしく。

N君が勝手に名前を作って言っているのかと思い

「そんな恐竜わかんないよ~どんな恐竜なの?」っとN君に聞きながら粘土で作ってあげたそうです。

それからしばらくして、N君と一緒に恐竜図鑑を見ていたときに

「ん?カルカロドント?サウルス?」

どこかで聞いた事が・・。

そう、N君と粘土遊びをしていたときにN君に作ってっとせがまれた恐竜です。

まさかN君が恐竜の名前を覚えていて言ったとは思わなかったそうです。

「もうびっくりでした。」っと話して下さいました。

恐竜博士の誕生です。

七田式葛西、千葉駅前、新浦安、船橋駅前、津田沼教室、佐野先生より

 

 

2021.01.13

「ぼくの武器はなんだかわかる?」

 小学生コースのAくんが、レッスン開始時間を待っている時、お話を聞かせてくれました。

「ぼくの武器はなんだかわかる?」

「わからないな。教えてくれる?」

「速読が自分の武器なんだ!。その理由は時間がない時でも、さっと頭に入る。?たくさんの本が読めるからね。」

そんなお話を聞いた後、急に本で読んだ事がスラスラと出てきました。

まるでAくんから講義を受けているように、

「忍者」

「大阪城を陥落させた徳川家康」

「人類の祖先は、恐竜時代に遡るとイカ」

「昔の人は、獲物を無駄にしないで残らず大事に食べたり使ったりしていた」

そして最期の一言は、

「今の人たちは、すぐ物を捨てたりして、どうしようもない」そうです。

恐れ入りました。

大変勉強になりました。

Aくん、また、お話聞かせてくださいね。

七田式葛西、千葉駅前、船橋駅前、津田沼、新浦安教室 林先生より

 

2021.01.07

家庭での取り組みはいつやる?

年少クラスのAくんは、国旗を覚えるのが得意な男の子です。

Aくんは、国旗だけでなく、毎月のCDの歌も全部覚えいて、元気に歌ってくれます。

ご家庭で毎日の取り組みをすることは、とても大切なことですが、忙しい毎日の中では、時間を取るのが難しいご家庭もあります。

Aくんのお母様に、毎日のご家庭での取り組みをいつしているのか伺うと、

「朝5時に起きてやっています」

という理想的なお答えでした。

朝に、お子さまとの学習の時間を作ることは、とても効率もよく、理想的です。

朝は、周りも静かで集中することもできます。

小学生になって、更に忙しくなっても、朝なら、時間がとれます。

また、朝、ご家庭で学習してから登校すると、学校の一時間目の授業の時には、すっきり脳が目覚めているので、しっかりと授業を受けることができます。

更に成長して、試験を受ける時も、必ず試験は午前中にあります。

朝型の脳は、すっきり目覚めているので、ベストな状態で力が発揮できます。

反対に、夜型で夜中まで勉強するタイプの脳は、午前中はぼんやりしてしまい、力が充分に発揮できません。

試験の前だけ朝型にしようと思っても、すぐに変えられるものではありません。

幼少期からの学習の時間を朝型にしておくことは、お子さまにとって、大きなプレゼントとなります。

出勤前のお父さまと一緒に取り組みをするのも、ステキな触れ合いの時間となります。

お子さまの就寝時間を早くすると、夜、お母さまのリフレッシュの時間もとれます。早寝早起きの朝型のリズムを作ることは、一石二鳥以上の効果があります。

お子さまの将来のためにも、朝型のリズムにかえてみましょう。

七田式津田沼教室・葛西教室・新浦安教室・千葉駅前教室・船橋駅前教室 稲冨先生より

 

 

2021.01.05

運動会とイメージと思いやり

年長FクラスのS君。

最近は、自分のプリントや取組に一生懸命。

となりのお友だちをいい意味で気にすることなく集中しているなと気づきました。

今年度のスタート時は、とても元気一杯!

明るい印象が強かったのですが、ある時変化がみられた気がしました。

レッスンの最後に保護者様に今週のご様子をお聞きする時、お母さまにそのことを伝えると、

「実は、保育園で運動会の練習が始まったんですが、リレーの選手に選ばれたんです。なりたくて、そして選ばれたんです。」

と教えて下さいました。

しかもアンカーを務めるという大役です!

自分の”やりたい!挑戦したい!”を自分の力で形にしてすごいね!

とクラスのみんなが自分の事のようにうれしくなり温かい雰囲気になりました。

その後のレッスンでもまた変化が見られ、百人一首を講師を一緒に読み上げてくれるようになりました。

うれしくて、

「Sくん、お家で読んだりCDも聞いて予習してきてくれているんだね!すごい、すらすら出てくるね」と褒めました。

2週間毎に4首読むのですが、その後もちゃんと予習してくれて一緒に読み上げてくれます。

地道に取り組んでくださるお家での様子が想像出来ました。

やがて運動会の日が近づいてきました。

リレーの練習がんばってる?と聞くと

「今、1勝1負なんです」と教えてくださいました。

やはり簡単には勝てない勝負のようでしたが、

「大丈夫だよ、S君!ゴールテープを胸から切っているところを想像してみてね。想像できることは必ず叶うよ!」

と私も本当に心から応援していました。

そして運動会の日がきました。

午前中の運動会が終わったら来ますとお昼のレッスンに来てくれました。

Sくんから様子をお話してくれるのを待っていると…お母さまが

「運動会のこと、話した?」と言ってくださいました。

どうだった?と聞いてみました。

すると…

「1位だったよ!」と教えてくれました。

すごい!やったね!と感動しました。

その場に居た講師全員すごいすごいと言いながら、集まってきました。

シャイなS君は照れてしまって、嬉しそうな表情のまま、お迎えに来てくださったお父さまに抱き着いていましたが、

お父さまからその続きもお聞きしました。

アンカーのS君、逆転しての1位だったそうです。

とても盛り上がったリレーでしたが、お相手のお子さんは悔しくて泣いてしまったんだそうです。

するとS君は…まずそのお友だちをなぐさめたのだそうです。

そのお話をお聞きして、S君が、自分よりもお友だちの気持ちを瞬時に理解して行動した優しさに感動して胸がいっぱいになりました。

リレーの選手を勝ち取り、そして勝利した事ももちろんとても素晴らしいですが、

それ以上にお子さまの人間性のすばらしさを褒めた、お父さまの誇らしげなお言葉にも、大きな気付きを感動を頂きました。

お子さまと保護者様の姿勢に、こちらも大きな感動を頂いています。

S君から、大きな学びをもらいました。

七田式葛西,千葉駅前,船橋駅前,津田沼,新浦安教室 黒沢先生より

 

 

 

 

 

 

 

2020.12.29

1年で英語が溢れ出してくる!

英語キッズクラスに在籍中のとても優秀なKくん。

ご縁があり、Kくんの担当になるのは今年で2年目になります。

1年前のKくんといえば2歳児さん、色々なものに興味津々でレッスンなど二の次でした。

講師の周りに置いてあるのものが気になる、お母様のバッグの中が気になる、お教室を行ったり来たり、外に出てみたり‥と、とても活発なお子様でした。

そこから段々とお椅子に座れる時間が長くなり、カードに集中する時間が増えてゆき、一緒に言える単語も増えていき、今に至ります。

つい最近、暗唱も初めました!

最初の1、2回はKくん→お母様→Kくん→お母様の順に暗唱していたのですが、3回目からは一人で言えるようになりました。

初めて一人で言えるようになり自信がついたようで、間を空けずにまた違う絵本もスラスラと暗唱できるようになりました。

そして発音もばっちり!ネイティブ並です。

お母様がきちんとかけ流しをされている証拠ですね。

同時にレッスン中、知ってる単語を口ずさむことが増えてきて、Kくんの頭の中にあった英語が今まさに溢れ出してきたという状態です。

最近のKくん素晴らしいですね!

凄く変わりましたね!

とお母様にお話し、最近のおうちでの様子をお伺いしてみたところ、Kくんはおうちでも英語を楽しんでいらっしゃるそうです。

まず晩御飯の後は暗唱の練習やプリント、終わったら自由時間にしており、もうこの流れはKくんの中でルーティンになっているとのことです。

お忙しい中、かけ流しを怠らず、更にはお母様は私かレッスン中に使うフレーズをおうちでも使っているとのこと!!

嬉しい限りです!

自宅にいても英語の環境を絶やさない、そして親子で楽しく取組んでいる、理想の形です。

Kくんのめざましい成長、本当に素晴らしいです。

Kくん、いつも暗唱聞かせてくれてありがとう。

Kくんの暗唱はとっても気持ちがこもっていて先生はいつも感動してしまいます。

いつもレッスンに来てくれてありがとう。

これからも一緒に、英語のレッスン楽しみましょうね。

七田式葛西,千葉駅前,船橋駅前,津田沼,新浦安教室 坂本先生より

 

 

 

1 2 3 126 »
TOPへ戻る

Copyright © 2017 七田式幼児教育 寺下グループ. All rights reserved.