ブログ

新浦安教室

2020.03.29

悔しくて涙を流しながらチャレンジ!

毎週元気にレッスンにいらしてくださるNちゃん。

年中さんの、とっても頑張り屋さんの女の子です。

レッスン中も、大きな目をいっぱいにキラキラ光らせて、意欲的に取り組みをしてくれていますが、次のレッスンまでの一週間の間に、暗唱もしっかりと練習して来てくれます。

今はそんなNちゃんですが、少し前は、どれから暗唱を始めたら良いのか迷ってしまっていたのか?

楽しみながら取り組めなかったのかもしれません。

ご自宅での取組みも定着し辛かったようで、あまり練習が進んでいない状態でレッスンにいらしてたご様子でした。

いざ発表!となると、頑張って寸前にかけ込みで覚えてみても、やはりうろ覚えになってしまい、なかなか合格のスタンプが貰えません。

Nちゃん、頑張ったね!あと少しだから、また来週発表してね」

と応援の気持ちを伝えるのですがいつも出来なくてスタンプが貰えない現実に、悔しくて泣いてしまうNちゃんでした。

それが続いたのが影響したかは分かりませんが、レッスンにいらっしゃった時の表情もスッキリしていません。

もしかして、暗唱での自信の無さが、お教室へ向かう足を鈍らせてしまってるのでは?と心配になりました。

そこで、レッスンが終わってから、お母さまにご相談させていただきました。

同じクラスの生徒さんの暗唱は、漢字読みや百人一首にチャレンジしている方が多いのですが、

Nちゃんには、100ペグやイマージェリーに挑戦してみては?とお話をして、まずは100ペグに挑戦してみる事にしました。

10個ずつの挑戦なので無理なく発表でき、合格してスタンプも押せるようになってきたのがきっかけとなり、Nちゃんに自信が出てきた様です!

日、1つだけどうしても思い出せずに

「惜しかったね!また来週ね」となる日がありましたが、もう、これまでのNちゃんではありませんでした。

くじけて泣いてしまう事もなく、

「うん、来週ね!」と頑張ってくるよと言ってくれました。

先日、お母さまと面談にてお話ししましたが、百人一首のテキストも、中高生のお兄ちゃん達が一緒に眺めてくださっているとの事で、みんなで楽しく取り組んでらっしゃる様子を伺えて嬉しかったです。

「出来た!」が嬉しいNちゃん。

大きく成長して素敵な笑顔になりましたね。

これからも、いっぱい暗唱しようね!

七田式新浦安教室 和田先生より

 

 

2020.03.21

読み聞かせの効果

私どもの教室では、毎年絵本の読み聞かせを奨励するコンテスト、

「読み聞かせマラソン」を行っています。

読み聞かせマラソンの効果は、12歳のお子さんに顕著に現れます。

それを見た保護者の皆さんは、びっくりするとともに、本読みの大切さに気づかれます。

ようやく話始めた2歳児クラスのS君が、

「ぼくは、・・・・」と話し始めたのに、ロビーの皆さんがびっくり。

きちんとみんなにわかるようにお話したのです。

1歳児クラスのYちゃんは、

「きっとこれがそう。」と大人びた答えかたをしたので、これもびっくり。

お母さまたちも一所懸命本を読み聞かせてくださったのでしょう。

ロビーは、感動の渦でした。

お子さんの反応を見ると、読み聞かせも楽しくなりますね。

お母さまたちも子育てに一歩前進です。  

七田式新浦安教室 林先生より

 

2020.02.13

悔しい時にも涙が出る姿に感動

年中さんクラスではマス計算にチャレンジしています。

最初の方は、マス計算のルールがなかなか掴めずに苦戦していた生徒さんたち。

お父様やお母様の助けをお借りしながら、最近はようやく一人で取り組むことができる子が増えてきたように思います。

いつも通り、時間を決めてタイマーをセットし、できるところまでやってみようね、と声をかけます。

集中して取り組む生徒さんたちの姿はキラキラとかがやいているようです。

タイマーが鳴り、続きはおうちで、と声をかけたところ、Hちゃんが泣き出してしまいました。

どうしたの?と聞いてみると、なんと全部終えられなかったことが悔しかったのだそうです。

悲しい時に泣いてしまうのは当たり前のことですが、悔しい時にも涙が出る、という彼女の成長に感動しました。

また、お隣に座っていたYくんはHちゃんを励まして、僕も終わっていないよ、と声をかけてくれました。

一歩ずつ大きくなって、最近は一人一人が小さな大人のようです。

そんな生徒さんたちと過ごすことができる時間に感謝しています。

七田式新浦安教室 木土先生より

 

 

2020.02.01

個性を見守れるお母様

「Nちゃんは絵描き歌、好きなんだよね!」Nちゃんのお母さんがそう言うと、Nちゃんは「鉛筆は?紙も欲しい!」と言っていきなり真っ白い紙の上に今月のえかきうたのブタさんを書き始めました。

上手に歌を歌いながら、豚の顔を描き胴体を描き、尻尾まで書き終えると「これはお父さん」と言って、隣にお母さん豚も書き始めます。

Nちゃんは妹がいるので、子豚はもちろん2匹。

豚さん家族はどうやらNちゃんの家族みたいです。

4匹書き上げて、見てみてとうれしそうに話すNちゃんをみて、お母さまが「こんな才能もあったのかと、微笑ましいです」と優しい表情でお話しされていたのが印象的でした。

Nちゃんは今、英語の暗唱と絵描き歌を頑張っています。

お母様がいつも暖かく見守っていらっしゃる姿は、講師の私から見てもとても素晴らしく、毎週毎週とても温かい気持ちになっています。

個性を見て見守っているそのお母様が、まさに七田のお母様です!

素晴らしいです!

 

七田式新浦安教室 木内先生より

 

2020.01.29

小さな自信の積み重ねが大きな成長に

先日、振り替えでレッスンにやってきたSちゃん。

年中さんの、とても恥ずかしがりやさんな女の子です。

去年、レッスンを担当していた頃は、恥ずかしくてお名前カードももじもじしてなかなか上手に言えなかったのですが、もうすっかりお姉さんになりましたね。

先生の目を見て言える様になりました。

レッスン中の取り組みも、いつもと違うお友達とのレッスンになるのですが、ESPもバッチリ!

漢字カルタもパーフェクト!

恥ずかしがることなく元気に楽しくレッスンしている様子を見て彼女の成長を感じてとても嬉しくなりました。

レッスン終わってからの暗唱の時間には、更に驚きと感動がありました。

「振替だけど、暗唱トライできるのある?」と聞きましたら、「ある。」との事。

お母さまからも驚きの言葉をいただきました。

「昨日、和田先生のレッスンに行くから、と話したら、『和田先生に暗唱聞いて貰うんだ!』と言って、頑張って練習してきたんです!!」と。

なんとも嬉しいお言葉です。

そして、その言葉通りにしっかりと準備してきた暗唱は、どれもスラスラと、自信に満ちた顔でまっすぐ発表してくれました。

出来た顔の清々しいこと!

私やお母さまにもとても嬉しい笑顔なのは勿論ですが、Sちゃんにとっても大きな自信になって積み重なっていきますね。

これからも、楽しみですね。

七田式新浦安教室 和田先生より

 

1 2 3 35 »
TOPへ戻る

Copyright © 2017 七田式幼児教育 寺下グループ. All rights reserved.