ブログ

2016.01.07

1歳になったKちゃんのお祝い♪ママのの1年間もお祝い♪

七田式寺下グループ(葛西・新浦安・船橋駅前・津田沼・千葉駅前)の公式ブログです。

教室から溢れ出ている微笑ましい一コマです♪

七田式新浦安教室 H先生より

 

子育ての苦労はそれぞれ違っても、感じていることは皆様同じ。

先日、0~1歳クラスの教室内から聞こえてきた様子・・・

1歳になったKちゃんのお誕生日をお祝いする歌の際に、

「お母さんにもおめでとう、良く頑張ったね!!」と言わなくては!!!

と違うクラスのお母さんが心配りのお声かけをしていました。

七田の教室に来ている時間が、皆さんにとって、こんなに素敵な時間なんだと実感できてうれしいです。

 

優しさ

2016.01.05

赤ちゃんから小学生まで成長を感じられる七田♪

七田式寺下グループ(葛西・新浦安・船橋駅前・津田沼・千葉駅前)の公式ブログです。

講師としてとても嬉しい一コマです♪

七田式新浦安教室 K先生より

 新浦安教室の1年生の英語クラスでのこと。

七田の教室は、ほとんどのお子さまは2歳前後からのお付き合いです。

赤ちゃん時代から、男の子女の子になり、小学校に入って、それぞれ魅力的な少年少女になってきています。

小学生英語にも意欲的にとりくんでくださり、各英語朗読コンテストや、英検などの資格試験にも積極的です。毎回レッスン後半に暗唱タイムがあるのですが、

「暗唱やりたい人!」と声をかけると「はい!はい!」

とまっすぐな目で、キラキラした笑顔で手を挙げる姿に、毎週元気をいただいてます♪

みんなの元気な声、英語にチャレンジする姿勢に感動しています♪ありがとうございます♪

 

優しさ

2016.01.01

本年もよろしくお願いいたします

年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

七田式寺下グループ(葛西、新浦安、船橋駅前、津田沼、千葉駅前教室)はおかげさまで、本年25周年を迎えます。

今までに延べ4千人以上の生徒たちが、通ってきてくださっていました。

これも七田教育を愛する皆さまのご支援の賜物と心から感謝申し上げます。

 

ところで、あなたはもう初詣に行きましたでしょうか?

私は今年も、家族で那須にある、行きつけの神社に初詣に行きました。

日本人はとても信仰深い民族だと思います。

毎年、お正月には、何千万人もの人たちがそれぞれの神社に初詣に行きます。

しかし、みんなで集まって何かをするわけでもなく、それぞれが神様にお願い事や感謝をして、帰宅して行きます。これが信仰の姿です。

やはり、多くの人たちが、心のどこかで神様の存在を信じているのでしょうね。

もちろん、私も信じています。( 神様=宇宙、創造主、サムシンググレート)

「神なき知育は、知恵ある悪魔をつくることなり」というガリレオの言葉があります。

教育は、明と暗の両面を持ちます。

良い事に使えば人間社会を豊かにし、悪い事に使えば人を不幸にします。

ご存知のように、七田教育は社会人になった時に社会に貢献できる人財を育成したいという、七田名誉校長の熱い志のもとにできました。

ですから七田教育の講師も、また七田を学ぶ者も、人間を超越した存在を知り神を畏怖する心と利他の精神を持った人である事が求められるような気がします。

これからも、天を信じて、天と皆様からより信頼される教室になるように日々改革して行きます。

今年もよろしくお願い致します。

 

     七田式寺下グループ

     (葛西、新浦安、船橋駅前、津田沼、千葉駅室)

代表  寺下 和也

200901020700001

2015.12.31

2015年の感謝をこめて

こんにちは。七田式寺下グループ(葛西、新浦安、船橋駅前、津田沼、千葉駅前教室)代表の寺下です。

今年もお教室に楽しく通っていただきましてありがとうございました。

2015年は、あなたにとって、どんな年だったでしょうか?

教室に関していえば、「改革」の年でした。

ホームページを新しく変えました。そのおかげで生徒の作品や保護者の声をたくさん載せることができるようになりました。

葛西教室のリフォームをしました。ドアがガラス張りになり、明るい雰囲気になりました。

教室ごとにチームプロジェクトを立ち上げました。教室の目標が明確になり、モチベーションが上がりました。

その他にも、小さいことも含めれば、100を超える改革を行ってきました。

教育は日々進化して行きます。その中でも七田の右脳教育は、常に時代の最先端を走ってきました。現状維持は衰退につながります。

2016年も、日々改革を意識して、理想の教育の追求をして行きます!

どうぞみなさまも、小さな改革を意識しながら良いお年をお迎えください。

七田式寺下グループ代表                                      寺下 和也

 56ATB1

 

 

 

2015.12.17

初の絵画コンテスト開催♪

七田式寺下グループ(葛西・新浦安・船橋駅前 ・津田沼・千葉駅前)の公式ブログです。

今年の秋に、寺下グループでは、初めて絵画コンテストを開催しました。絵画のテーマは、小学生コースで使用している「僕と私の魂を磨く言葉カレンダー」という教材から1つ好きな文章を選び、その文からイメージしたものを自由に描いてもらったのです。

2015-11-10-16.13.09-1024x768

 

今日は、寺下園長賞の3作をご紹介します♪

橘川大海

本日は千葉駅前教室の橘川大海くん(8歳)の作品です。

選んだ言葉「幸せを多くの人に配りましょう。ただ『喜んでもらえばそれでいい。』と考えることが大切です。」

橘川くんの絵画のタイトル:

【みんなを幸せにしよう】

コメント:みんなを幸せにして、幸せオーラでみんなをつつむ。

*****************************

大海くんの周りには、きっとたくさんの笑顔が溢れているんですね♪

★★★★★★★★★★

長谷川輝

 

次は、同じく千葉駅前教室の長谷川輝くん(7歳)の作品です。

選んだ言葉: 人のことを考え、人の役に立ちたいと思う心が、徳につながり、魂を磨きます。

タイトル:

【おとうさんみたいな、おとなになりたい】

コメント:おとうさんは、よくぼくをだっこして「おもたくなったねぇ」といいます。めがねの目の中に笑ったぼくがうつっていました。おとうさんみたいな人の役に立つおとなになりたい。

 *******************************

男の子は6歳を過ぎると同性である父親を意識し始めます。輝くんのお父様に対する敬の念を感じる作品ですね。

★★★★★★★★★★★★

中本蒼士

 

最後は、津田沼教室の中本蒼士くん(6歳)の作品です。

選んだ言葉: できるだけ早く、自分の夢・志を持ち、そのことを通して人の役に立つ生き方をするとよいのです。

タイトル:

【僕のイメージの光】

コメント:真ん中の男の子は、蒼士本人とのことです。イメージをすることで頭からたくさんの光が出て、いいことが起きたり、将来の夢がかなったり(宇宙飛行士になること)、人の役に立って、幸せな世界にしたり・・・という絵とのことです。イメージするのが楽しいと言っていて、親としてはとてもうれしいです。左胸のハートは本人いわく、一番大切な「心」を表現しているそうです。

 **********************************

蒼士くんのイメージの世界は鮮やかで明るいですね♪きっとイメージどおりの世界は実現しますね!

 

この三作の絵の他にもたくさんの受賞作があります。くわしくは、イベントのページご覧ください。

 

« 1 125 126 127 133 »
TOPへ戻る

Copyright © 2017 七田式幼児教育 寺下グループ. All rights reserved.