ブログ

2016.06.06

1ヶ月で430冊読んだよ♪ ~入選作文紹介~(葛西教室・濱田くん)

 

七田式寺下グループ(葛西・新浦安・船橋駅前・津田沼・千葉駅前)の公式ブログです。

前回のブログで、寺下グループから、小学生文集で9名の子どもたちが入賞しました!

今月は、前回の及川くんの他に、入賞された7名の作品を一つずつご紹介していきます。

 

_ajisai2

 

本日は、及川くんと同じく小学1年生の部で入賞された、葛西教室の濱田琉生(るい)くん(当時小1)の作文をご紹介します。

濱田くんはいつも笑顔のとても明るいやる気満々の元気な男の子です。入賞おめでとうございました!!

浜田琉生くん文集掲載 写真

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【入賞】「がんばってできるようになったこと」

葛西教室  浜田 琉生 (小1)

 ぼくが、がんばってできるようになったことは、たくさん本をよめるようになったことです。

がんばったりゆうは、よみきかせマラソンで、一ケ月で四百冊い上よむことをきめたからです。

さいしょはむりだとおもったけど、一日十四冊と決めてよんでいくうちに、だんだんよむのが早くなり結果は四百三十冊よむことができました。

お正月のおみくじは、うんよく大吉でうれしかったけど、ぼくはそれよりうれしい気持ちになりました。

むずかしい目ひょうが、まい日のがんばりでたっせいできたことは、ぐうぜんひいた大吉よりもうれしいということをしりました。

ぼくは新しい自分になった気がします。

 浜田琉生男の子読書

 

2016.06.05

小学部の「文集」全国版で寺下グループから9名が入賞しました!! 優秀賞には葛西教室の及川くん入賞♪

七田式寺下グループ(葛西・新浦安・船橋駅前・津田沼・千葉駅前)の公式ブログです。

作文かく

七田の小学生コースでは、毎年年度末に学年ごとのテーマに沿った作文を書きます。

全国の七田の応募作品の中から、優秀な作品が、毎年「文集」という形になって残っていきます。

2015年度の「文集」には、全国で厳選された69名の作品が掲載されました。

その69名中、なんと寺下グループからは9名が掲載され、そのうち1名は全国で10数名しかいない「優秀賞」も受賞しました!!

入賞され、掲載されたみなさん、おめでとうございました!!

kusudama

本日は【優秀賞受賞作品】の葛西教室の及川大翔(やまと)くん(当時小1)の作品をご紹介します。

1年生の作文のテーマは「がんばってできるようになったこと」でした。

及川くんは、とても心優しい、心持ちの強い男の子です。優秀賞、おめでとうございました!!

及川大翔くん(作文優秀賞)写真

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【優秀賞】「がんばってできるようになったこと」

 

葛西教室  及川 大翔 (小1)

 ぼくが、がんばってできるようになったことは、毎日、元気で早ね早おきをして学校にいくことです。


 がんばったりゆうは、ぼくはずっとおなかがいたくて、九日間にゅういんしました。

 六日間、たべたりのんだりできませんでした。

おなかが空いて、のどもかわいてとてもつらかったです。

たべたいものをママの手帳に百五十こもかきました。

たいいんしたら食べさせてとたのみました。

七日目に、やっと食べれたのはぼくのきらいなおかゆでがっかりしたけど、がまんして食べました。

点滴も針の交換もしみていたくていやだったけどがんばりました。


 今は、元気になっていっぱいごはんやおやつを食べて毎日一人でおきて学校にいっています。健康だと忙しいなぁー。

 

及川大翔

 

2016.06.03

英語の資格取得のサポート体制も充実しています!

七田式寺下グループ(葛西・新浦安・船橋駅前・津田沼・千葉駅前)の公式ブログです。

 

今の時代、子どもを持つ親世代の、英語への関心は、年々高まっているように感じます。

その証拠に、実用英語検定(英検)の会場へ足を運ぶと、十数年前には見られないほど、年少の受験者を多数見かけます

特に5級、4級などは小学生低学年の割合が増え、ともすると幼稚園生らしきお子さまも受験しています。

3級以上も、以前は中学生以上の級、というイメージでしたが、最近は準1級などでも保護者引率の小学生の姿をよく目にします。

子どもの英語能力は、親世代の想像を超えるスピードで伸びていることを実感します。

特に英検は「永久資格」ですので、一度とってしまえば以後ずっと履歴書などでアピールできる材料となるわけです。

中学受験する小学生も増えている昨今、受験体制に入る前の低学年期(小学1~4年)に英検などの資格を取得しようとするのは、大変有意義なことです!

international_school_good

そこで、七田では、日本英語検定協会の「英検Jr.(旧:児童英検)」と提携し、一部を割引して受講できるようにサポート体制をしいています。

寺下グループでも、多くの未就学児や小学生が、この「英検Jr.」を学習し、各レベル(BRONZE/SILVER/GOLD)をクリアして、ほどなく「英検」にチャレンジするようなサポート体制が、しっかり出来上がっております。

各個人の英語習得期間にもよりますが、目安としては年少(4歳児)から「英検Jr.」をスタートすることをお薦めし、定期的な面談で着実に家庭学習として定着させ、GOLD取得者には速やかに英検受験をお薦めしています。

各担当講師が、それぞれの学習進度を把握することで、時間的余裕のあるうちに、確実に資格が取得できるように指導することが徹底されています。

 

その成果として、過去、寺下グループでは多くの英検合格者を出しています。

過去の英語実績に関してはこちらをご覧ください。

 

2015年度第3回の英検では、葛西教室にお通いの、当時小学4年生のKくんが、英検準2級に合格されました!

Kくんは2~3歳時から、七田の幼児英語コースで英語を始め、以後、暗唱等の課題を着々とクリアしていく中で、着実に英語の力をつけてきました。

現在は小学生英語コース5・6年目を受講していて、その速音読力、速聴での英語の理解力には、目を見張るものがあります♪

Kくんのご両親は共働きのため、英語は七田だけで育ったKくん。

この春休みに初めて訪れたアメリカでも、お母さまに代わって現地の人と買い物の時に会話したり、十分にコミュニケーションがとれていたようで、お母様がその様子に驚くとともに感動されて、Kくんの見事な英語コミュニケーション力について、お話してくださいました!

英会話

 

**********************

ここ数日、数回にわたって、七田式英語についてご紹介してまいりました。

寺下グループは全国的に見ても、英語コースに関しても大変高い評価をいただいております。

同じ教室で学ぶお友だちも、環境も、自信をもっておすすめできるものだと思っております。

 

これからの時代、「英語はできて当たり前」の時代に入ります。

多くの子どもが英語を幼少期から学ぶ昨今。何で差をつけるか?わが子にどのように英語力をつけるか?

七田で学べば

☆たくさんの語彙をインプットしているので、わかる、なんとなくわかる、のプラスの連鎖で、確実に英語力が伸びます!

☆小さい頃から、暗唱をしているので、基本構文を蓄えた状態で中学英語に入っていける!

☆小学時代に、たくさんの文章を速音読、速聴しているので、英語を聴きとれる、そしてそのスピードに抵抗がない耳ができあがる!

などのメリットがあります♪

「英語耳」と「英語脳」をもつお子さまがたの英語の伸びしろは、私たち大人の想像を遥に超える成長を遂げるでしょう。

その基礎作りを、ぜひ七田式英語で作りませんか?

また、現在七田式英語を受講しているお子さまの保護者のみなさま、今この選択・・・七田式英語を選んだという選択が、よかった!と思っていただけるように、講師一同全力でサポートいたしますので、ぜひ英語の環境づくり、頑張ってまいりましょう!!

世界の友達

 

七田式の英語コースに興味を持たれた方は、ぜひ一度教室に体験にいらしてみてください!おまちしております!!

体験レッスンのお申込みはこちらから

 

 

2016.06.01

七田っ子が、各種英語コンテストでも大活躍!!その2

七田式寺下グループ(葛西・新浦安・船橋駅前・津田沼・千葉駅前)の公式ブログです。

 

6月になりましたね。6月の月雅称は「水無月(みなづき)」ですね。

今年はその字のとおり、若干雨の量が少なく、夏の節水もささやかれていますね。

毎日これだけ爽やかな日々だと、気分はいいのですが、やはり自然の流れで梅雨入りしたら十分に雨が降ってほしいものですね。

 

さて、前回に引き続き、本日も各種コンテストで活躍している七田っ子の様子を、ご紹介します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

毎年8月の夏休み期間、七田内でも英語の朗読コンテストが開催されます。

そのコンテストは”SHICHIDA ENGLISH CONTEST"と呼ばれ、全国の七田英語コースをとっている子どもを対象に行われています。

おもにレッスン内の速聴教材として使用している「イソップ物語」が課題になるのですが、

それぞれ自分なりに文章を解釈して、感情豊かに朗読しています。

 

昨年度開催のコンテストでは、寺下グループから、新浦安教室にご通室の三浦翔万くんが、「StoryB」の部で第2位と大健闘でした!

English Contest 2015_結果発表

undoukai_trophy_gold

三浦くんは、現在2年生。その英語力は本人の努力の賜物ではありますが、小さい頃から英語に触れているからか、幼児の頃から自然に読む力があり、最近は意識して英語を感情豊かに話すこともできるようになってきました。

現在は小学生コースで英語を頑張っている三浦くん。英検などの外部資格も積極的に挑戦し、すでに三浦くんにとって、英語はストロングポイントになりつつあります! 

 

三浦くんの通っている小学生英語コースでは、

①年間1000単語の暗唱

②年間180フレーズの暗唱と速聴

③年間220以上の瞬間英訳

など、右脳の働きを最大限に意識し、活用し、能力を伸ばすべく考えられた多彩なプログラムで、

ほんの1時間の間に速音読、速聴を中心に声を出し、耳を使い30分。

後半は音読しながらのライティングが続き、レッスン終盤には暗唱発表と、大変充実した内容となっております。

 

小学生コースは2年目までに、中学3年間で習う単語はほぼ網羅し、3年目からは高校英語の内容にも対応していきます。4年目までに高校2年生程度の英語に触れ、5・6年目には英検準1級レベルの英語に触れていきます。

最終コースである5・6年目では、「真の国際人となる人材を育てる」というテーマに沿い、

★日本文化

★世界地理

★あらゆる職業について

超高速にリスニングしたのち、速音読をして、内容を瞬間で理解していきます。

そのスピードは小学生とは思えないほど!

international_school_good

この状態で中学に進級すれば、彼らの中で英語が「自分の得意分野」になることは間違いありませんね!

小学生5・6年目を受けている子どもたちのほとんどが、七田の幼児英語から上がってきています。

幼児期の基礎がしっかり出来上がっていると、小学高学年でこんなにも英語の能力が伸びるのか、と

保護者の皆様からも支持していただいております。

七田の英語、ぜひお子さまに体験させてみませんか?

体験レッスンのお申込みはこちらから

 

 

 

 

2016.05.31

七田っ子が、各種英語コンテストでも大活躍!!その1

七田式寺下グループ(葛西・新浦安・船橋駅前・津田沼・千葉駅前)の公式ブログです。

前回、七田式英語の特長をお伝えしましたが、その七田式英語を身につけた子どもたちが、各種コンテストで活躍している様子を、ご紹介します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

七田寺下グループでは、英語を受講しているみなさんに、年間2回、教育出版社主催の「英語朗読コンテスト」に、積極的に参加をおすすめしています。

英語朗読コンテストでは、決められた3つの文章から一つ選び、その文章を自分なりに感情豊かに朗読したものを録音し、その録音した音源を審査してもらうコンテストです。

寺下グループでは、以前ご紹介しました通り、多くの子どもたちが優秀賞を受賞しています。

英語朗読コンテスト速報

その中でも、3回連続MVPをとっている寺山琴葉ちゃんはお見事です!!

今年3月の年間優秀者の表彰式でも最優秀賞の2人のうちの1人でした!

琴葉ちゃんが弟・智樹くんと一緒に参加した動画はこちら→ https://youtu.be/_GFz_HQcxG8

ぜひご覧ください!! 

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

七田式英語で育った琴葉ちゃんや智樹くん、その他の子どもたちの成長・成果は、今後もどんどんご紹介します。

みんな七田式幼児英語からのスタートでした。

英語耳ができているからこそ、そのまま真似ができる、聞き取れる。

英語耳を幼児期に作ると、その可能性は無限大になります!!

ぜひ、七田式英語、始めてみませんか?

世界の子供

« 1 101 102 103 118 »
TOPへ戻る

Copyright © 2017 七田式幼児教育 寺下グループ. All rights reserved.