読み聞かせマラソンの期間が終わり、記録シートからも新たな気づきや発見の声が続々と寄せられています。

今年七田暦2年目になる、2歳児クラスのあるお母様は

「順調ですか?」

とお聞きしたところ]

「去年よりだいぶ楽です!」

とお答えくださいました。

これは毎日の読み聞かせの時間が習慣化されているお母様、お父様の努力の証拠だと思います。

また記録シートには、

「お人形相手に読み聞かせしてあげています」

「暗唱を自分からしてくれるようになりました」

「自分から読んでと持ってきてくれるようになりました」

という読み聞かせの効果を実感するお言葉をたくさん目にすることができました。

この一ヶ月それぞれの目標冊数に向けて、読み聞かせに励んでいただいた思います。

「読まなきゃ」

と思うと楽しく読むというのは難しいと思いますが、はじめの一歩を少し頑張ってみることで子どもたちも劇的に変化を見せてくれます!

本は子どもたちを素敵な世界へ連れていってくれる最高の遊び道具です。

この11月が皆様にそのことに気づくきっかけに少しでもなっていたらと思います!

七田式葛西、新浦安、船橋駅前、津田沼、千葉駅前教室 飯ヶ谷先生より